<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アウトプットぬりえ | main | 泣き考 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
友達といただく夕ごはん
あさって帰国してしまう友人が、夕ご飯に招いてくれた。
部屋に入るとスープのいい匂い。心のこもったお料理を並べてくれた。

インドネシアの家庭料理の数々。
揚げたての春巻き、
ターメリックをたっぷり使ったさらさらカレー、
お野菜のごろごろ入ったスープ、
からし蓮根みたいな見かけの玉子焼き、
そしてナシ(ごはん)。

彼女とは久しぶりの再会でとっても嬉しかった。
同じ専門分野の彼女とふたりで四苦八苦して論文を仕上げた。
一年目は本当に苦しくて、そしてやっぱり彼女も苦労していて、
私たちは一緒に戦っている闘志でした。
もう終わったんだなー、やり遂げたんだなーと
いろいろな思いが脳裏を駆け巡る。思わずしみじみしちゃう。
(私はまだだけど…)
大好きなインドネシアごはん、とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした!

集まったメンバーは、宗教も年齢も国籍もみんなばらばら。
クリスチャン、ムスリム、仏教徒に、アフリカ、アジア、
もうすぐ40に手が届く友達からぎりぎり20代前半の私、
既婚、未婚、独身をつらぬく人 etc....
そんな私たち、「女性」という共通点をテーマに大いに盛り上がった。

恋愛、妊娠・出産の話、女性としての生き方の話…


元気で強くてたくましくてほがらかなみんなを見て、お腹の底から笑って、
なんだか女性に生まれてきてよかったなーと思った。
めちゃめちゃ元気が沸いてきた。

招いてくれた彼女自身がお腹に7ヶ月の赤ちゃんを抱えているのです。
元気な男の子が生まれますように!
赤ちゃん、遠く離れていても君が生まれてくるのを
みんなで楽しみに待ってるからね。
| comments(0) | trackbacks(0) | オランダ暮らし |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://february6.jugem.jp/trackback/350
トラックバック