<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< オレンジフィーバー最後の日 | main | アウトプットぬりえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
マクロビオティックを説明すること
朝5時の夜明け

最近よく考えることは
言葉でどうマクロビオティックを説明するかってこと。

マクロビオティック=玄米食べて、動物性食品を食べないこと、ではない。
マクロビオティックは食事法だけを指すものではないから。
あ”ー、でも私が説明しようとするといつもこれから始めてしまう。
へたくそな説明の仕方にちょっと自己嫌悪…


シンプルに示せば、
幸せで健康に生きる術だと思っています。

私がこちらで出会ったマクロビアンたちは、
本当にエネルギーとバイタリティに満ちあふれていて、
一緒にいるだけで気がつけばいつの間にか私のパワーまで上昇。
自由闊達に生きてる感じ。

がんじがらめに縛られる必要もないし、
こうでなければならないというルールもなし。

私の考えるマクロビオティックは
そんな穏やかでしたたかでダイナミックなイメージがあります。


もっと具体的に言えば、
”健康の7条件”を可能にしてくれる生き方かしら?

健康の7条件
  1. 疲れない
  2. ご飯がおいしい
  3. よく眠る
  4. もの忘れをしない
  5. 愉快でたまらない
  6. 思考も行動も万事スマート
  7. ウソをつかない
こんな風に生きるための術。。。


でも、まだしっくりこない。
もっと分かりやすく伝えられる言葉が見つかればいいのだけど。


そんな私が頼りにしていることがあります。
それは自分の潜在意識

「答えられない質問は、言葉にして留めておいたら、
自分の潜在意識がちゃーんとその答えを探し出してきてくれる」

力強い言葉でしょう?
本当にその通りなんです。
たくさんの方がブログなどで記していらっしゃるヒントが、
私の前に次々に現れてくる

私も自分の言葉を早く見つけよう


そういえば、Twitter始めました
リツイートやらハッシュタグやら、
まだよく分からないことがたくさんありますが 
それでも、マイクロブログの可能性が囁かれている理由が
少しずつ分かってきたような気がする。
いろんな情報が入ってきて面白いです。

日本との時差のせいで、ちょっと臨場感に欠けるのが寂しいところですが、
何やらつぶやいていますので、良かったらmaipresentフォローしてみてください。



| comments(0) | trackbacks(0) | Macrobiotics |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://february6.jugem.jp/trackback/348
トラックバック