<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 自分に失望する | main | まなつ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
歳月をこえて…
年月を越えて、とうとうNorah Jonesの生演奏を聴くことができた。

最初の出会いは、高校生のときだったかしら?
家で退屈した私はなんかいい音楽ないかなーと、
父のジャズコレクションのCDラックを漁っていて、
ふとCome Away with meのCDジャケットを手に取ったのでした。
ジャケットが若い女性の写真で、周りのCDとはちょっと違っていて
なんか目を引いたのかもしれない。
女性ボーカルなら馴染みやすいかも、聴いてみよう♪と思って。
それが聴いていて本当に心地よくて、すぐにヘビーローテーション
するようになったのでした。
父に無断で永久に私の部屋に持っていっちゃった。

2枚めのアルバムはお店に行って買いました。Feels like home。
自分でCDをお店で買ったのはこれが初めてだったかも。
ちょっとどきどきしつつ、ホークスタウンのHMVに行ったのを覚えてる。
若かったな。

3枚めはiTune越しにダウンロードした。
でもやっぱりCDで持つのがいいなと思って、
the fallはまだ買ってなかったの。
パイレーツをyoutubeでときどき見たりするくらいで。

彼女の音楽は、私にとって精神安定剤みたいなものかもしれない。
あー、あのとき、ここでこれを聴いていたって今でも思い出します。
ミシガンで自分のコミュニケーション力に愕然として
泣いてしまった日にずっと聴いてたな、とかね(笑)

友達が何気なく、”今度ロッテルダムでジャズフェスティバルがあるけど、
興味ある?行こうと思ってるんだけど。”と言ってくれたのが、
今回のそもそものきっかけ。ウェブサイト見てみると、大きくNorah Jonesが!!
えーっ、と思って、大慌てでチェックしたのでした。
その子もじつはNorah Jonesのファンだったことが判明(残念ながら
一緒に行くことはできなかったけど)。
たまたまその日にオランダで会うことになっていたNatさんに聞いてみたら、
行ってみたーい♪とおっしゃってくださり、
こうしてNorth Sea Jazz Festivalへ行くことが決まったのでした。

Norahはオールマイティーで(ピアノもギターも)、
舞台の上で自分の音楽空間を創りだしていて素敵でした。
声がハスキーになってて、ちょっと心配だったけど。
こんなイベント型もいいけど、
今度は小さな空間でしっとり聴いてみたいとも思った。

大きな音楽フェスって初めてだったので、何もかもが新鮮。
でも、すてきな音楽があって、食べ物や飲み物のお店があって、
混雑はするものの友達や仲間と一緒に時間を過ごして、
こんな夏の日の過ごし方っていいなーと思った。

| comments(0) | trackbacks(0) | Music & Books & Movies |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://february6.jugem.jp/trackback/343
トラックバック