<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< おつきさま | main | 歳月をこえて… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
自分に失望する
 じつは私、自分に失望したのです。
カンボジアにいったときのこと。






こんなに貧困をなくしたい、飢餓をなくしたい、と思いつづけてきたのに。
村での生活が苦痛で仕方がなかった。
洗濯に水浴びにかめの水を使うのですが、
泥で濁った茶色の水しかない。
私はどうしてもその水で髪を洗うことができなかった。
せいぜい顔まで…

村ごはんも、
11月のときとはまったく違いました。
雨季と乾季との違いなのかしら。
行った村の違いなのかしら。
未だに分かっていません。
固く炊きしめたごはんに、卵やき。
固く炊きしめたごはんに、スープ。
カエルも食べました。
田んぼで採れる小さいカニも食べました。

私のコンディションが、
ジャージャー菌に侵されていたというのもあるんでしょうけど。
本当にきつかった。
衰弱しきった感じで、
プノンペンに帰ってきた週末はぐったり横たわっていました。

寄生虫におびえ、自炊をストップしました。
野菜を洗う水から買い求めねばならず、
水を買うためには私の借りた部屋からだとバイクタクシーを
利用しなければお店には行けないのです。もちろん、野菜しかり。
しかし、ローカル食堂には入れず、
外国人向けのメニューが置いてあるところとかしか
利用できなかった。そんなお店、一食3ドルはするんです。
もちろんカンボジア人のお客さんはゼロ。
(トゥクトゥクやモトドライバーが外で待っているくらい)
そこで食事しながら、何だろうこのギャップ、と思うのです。
村ではあんなに一生懸命生きることを模索している。
一方私はただ何もせずにここで食事を摂っている。
違いは何?
日本に生まれたということだけですよ。

だからといって、どうしていいか分からず
行動を変えるとかもできず
ジャージャー菌による微熱に浮かされた中、
夢なのか現実なのかよく分からない
そんな生活を送っていました。
村とプノンペン(特にリバーサイド)を行き来する毎日。

なんかすごく衝撃的だったのです。
私にとってショックだったのです。

もともと「世界には食べられない人がいる、私は食べ物が
有り余っていて食べ残しをしてしまうくらいなのに、なぜ?」という
思いに端を発して、私は進路を選択してこの年まできました。

なのに、だからなおさら、何とかしたいと思っていても
自分をまず防衛してしまうっていう自分の性(さが)に気づいて、
失望したのです。



| comments(0) | trackbacks(0) | カンボジアのこと |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://february6.jugem.jp/trackback/340
トラックバック