<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 洞察力のあるひと | main | 初の起業家セミナー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
イベント成功!
第3回アジア塾
『貧困と戦争と環境問題って関係ないと思ってた−ボクとアジアと世界の未来−』

日曜日のことになりますが、無事終了いたしました。

200人お客さん集められたらいいね!って大きな夢のように話していた私たちだったのですが、実際に180人まで集めることができて、当日私はそれにびっくり。どこからこんなにたくさんの人が来てくれたのだろうって。嬉しかったです。ポスターを天神の本屋さんに持っていったり、商店街に持っていったりしたのが効いたのだろうか…

もちろん、初めて聴く田中さんの講演はとても面白かったです。彼の著書、『戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方―エコとピースのオルタナティブ』を読んでも、そのアイデアの面白さは伝わってくるのだけど、やはり実際にそれを生で聴くとなると、そのパワーがぐんと伝わってくる。テーマが様々で、戦争も貧困も"おカネのしくみ"という観点で一緒になっているけれど、これらを体系立てて捉えている考え方に出会ったのは初めてでした。

個人的に嬉しかったことは、STAND UP Cafeをしたときのいくつかのアイデアをこのイベントでも引き継げたこと。今回は、フェアトレードのコーヒーを葦に提供してもらったり、テーマに関する本の閲覧コーナーを設けたりして、普通の講演会にはないような独自性(アットホームさ)を出せたのがポイントでした。このスタイルがちょっとずつ広まっていって、フェアトレードを知る人がもっとたくさん増えたり、ちょっとした気づきや日常のささいなところから世界と関われるんだと分かっている人がどんどん増えていくといいなあ。そう考えてみると、私自身は団体に所属して活動しているわけではないけれども、フェアトレードコーヒーに触れる場や移動図書館(?)を作り出すことによって、STAND UP Cafeでやりたかった思いを持続させることができるのでは?無関心層に訴えるようなやり方を新しく作り出せるのでは?なんて思った。

大学生としての私が最近考える大きな問題はやっぱりそこにあって、どうやったら”貧困問題”などの敷居を、一般の大学生に受け入れられるくらいに低くできるだろうか、ってことばかり考えている。ホワイトバンドとか、フェアトレードコーヒーとか…最近、アジアン雑貨が流行ってきているから、それもいいかもおてんきそういうのを取り入れながら普通の若い人たちをどんどん取り込んでいけたらと思う。

詳しい講演内容についてはまた後日upしようと思います。

| comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
coucou!記事アップありがとー。環境とかお金も回りかたとか、紛争ってつながってるからね・・・

貧困については、「どこかアジアに貧しい国があって子どもたちがかわいそう」とかなら受け入れられやすいと思うのね。"国際"問題に興味ある人だったら特に。

でも、A子ちゃんと話していたことは、それと「日本」や「自分たちのこと」や「日本の貧困」とどうつながるかってことなんだよね。A子ちゃんからきいたのは、例えば住む場所がなくて車の中で寝る日本の若者とか・・・

日本は大まかにみて豊かで、ホームレスが一掃されて(私が高校のときはまだ駅にいたのよ。それがいっぺんに消えた!)、フリーターや派遣でもやっていけるように一見思えて、貧しさが隠されてる。

「外」にしか目が向いていなかった私(でも日本は異常に豊かだからもちろん外の貧しさは比じゃないけど)、日本とどう向き合うかも考えます。

PSカニおいしそうね!
| nat | 2007/01/25 10:04 PM |
>natさん、
コメントありがとうございます!
そうそう、自分たちの生活がどういろいろなことにつながっているかってのが大きなポイントだと私も思っています。同情とかじゃなくて…

とりあえず今いる場所で、自分の気になる問題にちゃんと向き合っていけたら、と思います。
| IMai | 2007/01/26 9:13 PM |
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://february6.jugem.jp/trackback/150
トラックバック